【小説】社内恋愛

今時の社内恋愛をテーマにしたオムニバス小説

2016-08-09から1日間の記事一覧

【社内恋愛】千葉麗子(36歳)の場合 vol.4

美久が胸を触れても拒否しないことを見て、麗子は美久の首筋に舌を這わす。美久は一瞬体を硬直させビクビクっと身震いしたようだが、麗子は構わず、首筋から美久の耳まで舌を滑らす。 「どう?受身になるのは?」 麗子がそう囁くと、美久はすがるような表情…