【小説】社内恋愛

今時の社内恋愛をテーマにしたオムニバス小説

2016-08-12から1日間の記事一覧

【社内恋愛】夏目美久(28歳)の場合 vol.10

美久は麗子に胸を触れられてもあまりに気持ちよくて、拒否できずにいた。麗子が美久の首筋に舌を這わすと、美久は一瞬体を硬直させビクビクっと身震いしてしまうが、麗子は構わず、首筋から美久の耳まで舌を滑らしてくる。 「どう?受身になるのは?」 麗子…

【社内恋愛】千葉麗子(36歳)の場合 vol.5

「ねえ、どうなの?」 弄ばれ息絶え絶えになっている美久に対し、麗子は詰問を止めない。麗子はそう言うと、 「それは…」 と美久が言葉を濁したのを見て、麗子はまたキスをした。今度は深く、強引に…。 同時に美久のフレアスカートを捲りあげ、ショーツの上…